<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 今まで、私達グループは色んな形で 小渕浜を中心に 支援を行なってきました。

 一カ所だけを続けて行くというのは、他の被災した場所を通るとき、
 本当に 辛い気持ちもありましたが、
 とうてい私達は、全ての方の支援が出来る規模ではないと、言い聞かせ、
 ずっとこの場所の支援をして行く事に決めました。

 最初の頃は、本当に立ち直れるのだろうか? そんな不安がいっぱいでしたが、
 今はもう、東北の方達の強さに、脱帽です!

 皆さんが少しずつ、少しずつ前を向き、前に動いてるという感じを 行く度に感じています。
 中には、『もう石原さん大丈夫だから!次からは遊びに来て!』と云って下さる方達もいます。

 現在では、どうしても必要とされる物をお電話して頂き、送らせて頂いています。

 3,11前の小渕浜には、数件の民宿が被災前には存在していました。
 しかし今は、『めぐろ』という民宿のみとなってしまいました。

 泊まる場所の無いボランティアの方達を、泊めて下さっていたのが『あたご荘』。
 ここの2階は一応無事だったため、ボランティアの方達が、いつも泊まっていました。
 今回、4分の3のみ、国からの援助をしてもらえるという事が決まり、『あたご荘復活』が
 復活することになり、それに向けて、私達も色んな形で支援して行く事にしました。

 食器、寝具、タオル等と言う細かい部分のものは国からの援助が当てに出来ない為、
 2ヶ月くらい前から、食器を集めたり 友人が破棄した家具等を集めていましたが、
 今回 大量の家具や電化製品を放出して下さった方がいた為、第1弾でトラックを走らせる事に
 しました。

 トラック野郎に志願してくれたのは、私達グループの 史歩君と徹君、レギュラーで
 行っている事が多い2人! 
 28日、朝7時に手伝ってくれた仲間みんなで荷物を積み込み、2人は小渕浜に出発です!

 
d0157596_1259168.jpg

 だんだん、慣れて来たこともあり、到着まで6時間。
 前は、とても長く感じていた道のりですが、今はそんなに感じなくなっています。

 『あたご荘』に着き、みんなで荷物を下ろしているところ。
d0157596_1325168.jpg

d0157596_1333255.jpg

 そして今回は、佐々木さん宅に冷蔵庫も運んでもらいました。
 このお宅は、いつもボランティアの方が来ていて 奥様がお料理をふるまってくれます。
 この間行ったとき、冷蔵庫が小さいので、困ったね! 何かあったら、気にしておくね!
 と話していた矢先でしたので、今回の支援は、とてもラッキーです!

 
d0157596_13114710.jpg

 佐々木さん夫妻も、嬉しそう!
 
d0157596_13124268.jpg

  先月私達は『民宿めぐろ』に泊まりました。
 被災した時、ここには60名位の方達が 肩を寄せあって何ヶ月も暮らしていたこともあり、
 お座布団のカバーがすり切れているのを見つけました。 
 今回は、支援金でカバーを買って 届けてもらいました。

d0157596_13264194.jpg

 このエリアは『民宿めぐろ』しかなく、今回2人は1泊予定。
『めぐろ』には、60名のボランティアが入っているから無理だと云われたので、
 2人には『あたご荘』の2階に泊めてもらう事にしました。

 あたご荘の小池さんはとても料理が上手なので、鮎川にある小池さんのお宅で
 こんなにたくさんの『ごちそう』を頂いた様です。ラッキーです!
 すごい!  2人とも大満足だね!

d0157596_13311143.jpg

 29日の朝ご飯は佐々木さん宅でごちそうに!
 お昼、小池さんの御主人が海に出てくれて、魚のお土産!
 初めは、全部持って行けと云われたらしいけど、、、

d0157596_13352324.jpg


 魚も、売れるものとダメな物があり、こんなにたくさんかかっても 仮設に持って行ったりして
 配るしか無いのだそうです。

 今、支援している先のウエブサイトが2つあります。ぜひご覧ください。

 ひとつは小渕浜、このエリアのワカメは本当に絶品ですよ!
 小渕浜ふるさとプロジェクト
 こちらの方で販売しています! 
 
 もうひとつは狐崎浜、荒波牡蠣復活委員会という、オーナー制度の牡蠣販売です。
 尚、10月20日、21日と『全労済東京 国際協同組合年イベント』に参加し、
 新宿の全労済ホールスペースゼロにて、焼き荒波牡蠣を販売致します。

 尚『あたご荘復活プロジェクト』では、食器、タオル(新品に限る)等、引き続き
 集めていますので、よろしくお願い致します。
 こんなものは?という物がありましたら、下記にメール下さい。

 皆様の、ご協力をよろしくお願い致します!




シャビージェンティール
         石原左知子 
 〒150-0047 東京都渋谷区神山町22-17-B
 TEL03-3469-1622
 FAX03-3469-1772
 shop@sabbygenteel.co.jp


[PR]
by gris7noir | 2012-08-31 14:08
いつも、小渕浜に行くと宅急便のごとく、個人宅に物を届けてまわるので、
すごい早さで、1日が終わってしまいます。
ですから今回は、これからの支援の方法を見つける為、皆さん達とお話をする予定。。。

行く道すがら、2ヶ月前には無かった新しい建物や、回りの瓦礫がなくなっていたり、どんどん、
復興が前向きに 進んでいっている様子が伝わって来た。

いつも通りの綺麗な海に迎えられ、小渕浜に着いた。
まずは、今回支援物資で頂いていたテレビやレンジを『あたご荘』に!

私達が慣れてきたのか、道が少しは良くなった為か、時間もだんだん短縮して来て、
予定よりも朝早く着いてしまった私達。
港のほうを散歩してたら 佐々木さんとバッタリ!
「今から、船ででボランティアの人達を迎えに行くから、石原さん達も行こう!」
と誘われ、そのまま船に、、、
d0157596_14543751.jpg

船が向かった先は「網地島」その島は人も住んでいて、民宿もあり、小渕の人達も
そこに泳ぎに行っている場所。
でも、その島も海の近くのお家は、被災したという事だった。
孤立のまた孤立だった島、きっと、大変だっただろうなあ〜。
そんな事を想いながら、その島に着いたらビックリ!
すごく、綺麗なビーチ。
思わず、水着に着替えて飛び込んだヨハン、、私も車には 水着あったのに、、、トホ、、残念!
d0157596_14575080.jpg

帰りの船に乗り込んで来たのは、ボランティア団体が連れて来たた小学生の子供達。
「浜辺を綺麗にする為に来たんです!すごく楽しかった!」と口々に言っていた子供達、、、
すごく、良い事ですね!
帰り道、ガス欠というアクシデントもあったけど、(笑)予備のガソリンを入れて、放浪もせず
無事に港に到着。
あたご荘では、小池さん達が待っていてくれ、久しぶりの再会!
d0157596_1582079.jpg

その回りには、元気に育った花達。  『自然は、強し』ですね!
d0157596_1591624.jpg


あたご荘は、国からの援助と自分達のお金で また新しく再建するという事に決め、
今、国からの承認待ちの状況です。
しかし、国からは全てが出る訳ではないので、新しい寝具や、食器等、これから、
集めていく予定でいます。 皆様、ご協力をお願いしますね。
d0157596_15113956.jpg

お昼をまた、佐々木さん宅(私達の呼び名は、カフェ佐々木)でごちそうになった後、
新しく小渕の一員になった赤ちゃんや仲良しの子供達、親しくなった人達に会って、
お話ししたり、ごちそうになったり、記念写真を撮ったりして、
本日泊まる『民宿めぐろ』に、、、
d0157596_15153754.jpg
d0157596_15151337.jpg
d0157596_1515054.jpg

このヨハンの後ろのピンク色の建物が、『民宿めぐろ』
d0157596_15171524.jpg

シャワーを浴びた後、外に出たらコタロウ君が待っていて、みんなで見事な夕日を眺めた。。
ゆったり過ごした一日の終わりという感じ。良いですねえ〜。
d0157596_15183612.jpg

夕日が沈むといきなり暗闇がやってきます。太陽ってすごいね!
そして、そろそろ、夕食の時間。
『めぐろ』での夕食、ごちそうです。
私達のテーブルには正美さんから頂いたタコ、ウニ塩、そして朝、幸一君が
採ってきた生ウニも、プラスされてすごく豪華な食卓です。
d0157596_15201189.jpg

みんなも、次々と集まって来てくれて、最後は気のおけない小渕仲間と、
色んな話で盛り上がり楽しい一日となりました。
d0157596_15212969.jpg

次の日の朝、幸一君が魚を取りに来てくれというので、港に向かうと、
私達の為に魚を 詰めてくれました。ちなみに彼の船は『サチ丸』字は違うけどね!
d0157596_15234185.jpg
d0157596_15231877.jpg

この炎天下、他にも行くけど、魚大丈夫かなあ〜。。(汗)と思っていましたが、、、
夜、東京に着いても、無事。聞くと気泡の無い氷は、東京まで氷はちゃんと氷なのだそうです。
すごいですね!

その後、福貴浦でヤンママ達とお話する予定でしたが、少年野球チームが、勝ちこし、
日曜日も試合になったらしく、残念ながら会えずじまい。
でも、少年達頑張ったね!「おめでとう!」という訳で、福貴浦では、
牡蠣組合の石森さんと たくさんお話をして、以前には行けなかった
『復興市場』『牡蠣小屋』等を見てから帰る事にしました。
d0157596_15283447.jpg

牡蠣小屋では、さすがの暑さでちょっと牡蠣を食べる感じにはなれず、
残念ですが、次回に持ち越し!

2日間の短い時間を過ごしてみて、
少しずつ、一歩一歩、着実にみんなが それぞれの人生に向かって進んでる。
そんな気持ちが伝わって来て、とても嬉しく感じました。

そんな中、ちょっと変じゃない?困ったね。。という出来事も!
宗教の布教の為、ボランティアに来ている団体が 被災者の為に作られている
集会場で、寝泊まり。。。1日、2日とかでなく、この方達3月からずっと、、、
自分達の為にある集会場なのに、みんな遠慮して使ってる感じ!
『変ですよ!ボランティアって、被災地の方に迷惑かけてやるものではないと思いますよ!』
と、私なりの意見を言っても、開き直って来る。
どうしたものか、、、、いやはや困った大人です!

それ以外は、楽しい小渕浜の1日でした。

[PR]
by gris7noir | 2012-08-09 15:51