小渕浜の今

小渕浜には避難所は ありません。

津波で流されてしまったから、、、

そして4ヶ月経った今も、高台にあるお家や、駐車場や、倉庫等に、
身内でもない何所帯かが、一緒に暮らしています。

何ヶ月か前までは、家族水入らずで暮らしていた場所に
他人が何人も入って来る訳ですから プライバシーもなく
本当にストレスも大きいと思います。

そういった形の班が、ここには20班あります。

今はその20班から必要な物を聞き、送ったり,届けたりしています。

               ☆
仮設住宅については、8月の末頃には、出来ると云われています。

小渕浜の場合、漁業の見通しがつかない為、2年ではなく4年の
期限で仮設住宅は貸し出されるそうです。

しかし、おうちが全壊の方でも 仮設に入らない方も多くいます。

仮設に入ると、食事 電気代 水道代 等が自己負担となります。

現在、彼らの収入源は 自分達の住んでいた場所の がれき撤去。

行政からの義援金も、出てる方、出ていない方とマチマチです。
その義援金は、私には少ない額の様に思えますが。。。


              ☆
仮設住宅に入ったら、調味料等がまた支援物資として必要とされると思います。
その時には、またよろしくお願い致します!

              ☆
先日炊き出しに初めて連れて行った方達から、
『本当に、意味のある良い経験をさせてもらって感謝します!』
という内容のメールを頂きました。

私自身、行く度に そんな感じを体験しています。

現地の方から、電話があり「炊き出し、来ないの?」と云われ、
心が痛くなりましたが、、、う〜〜〜ん!
残念ながら、この暑さですから、18日の炊き出しは中止になりました。

              
自分の目で見て、聞いて、肌で感じて そして今、自分が出来る範囲で
彼らを支援し、応援する事しか出来ません。

              ★

支援して下さる方々も、どうか無理のない、、かたちで、お願いします。
[PR]
by gris7noir | 2011-07-10 16:29