皆の心の救援物資

4月4日朝、MEGのめぐちゃんからSOSが来たので、救援物資集めてほしい!と
お願いのメールが届いた! 6日の朝、現地に向かうと云う。

私自身、何度も私も友人達にお願いしてばかり、一度現場を見なければと
思っていたので、急遽私も車を借り一緒に行く事にして、
友人達に お願い一斉メールを出した。
たった1日しか無いのに、友人達の迅速な協力で、午後からは種分け会場に
変貌した我が家。
夜まで続く駐車場での作業は友人達も手伝ってくれて10時頃終了! 
 
 皆さんの思いを込めた物資とともに、4時東京を出発した。
 石巻河南のインターを出て、市内に入ると、どう伝えたら良いのか 
 伝える言葉が見つからない。 本当に言葉を失うという感じ!
 テレビで放映されていたと同じ光景が 目の前にありました。

 今回行ったのは、石巻市小渕浜。牡鹿半島にある集落です。
 
d0157596_1684986.jpg

 2トン車、ハイエース2台、の物資。村にはトラックが入らないため、
 集落から少し離れた小さなスーパー(現在支援物資の集荷所になってる)
 の駐車場に荷下ろししって、村の人達が運ぶという事になりました。

 『こんなにたくさん!政府の物資より多いよ!』
 と取りに来た、村の人達の声。
 良かった! みんなの気持ち 役立ったよ!
 
d0157596_16134552.jpg

 当初の予定だった一人、一人に手渡す事はかなわなかったので、
 ハイエースに全員で乗り込み、村の方の様子を見に行きました。

 海に向かって祈る男の子、瓦礫に向かって冥福を祈る女性。
 そんな姿を見ると、とても人々の様子を写真に納める事はできない。
 レジカメをポケットにしまい込み、村を歩いてると
 7家族が1軒のお宅で共同生活している人々がいました。
 皆が肩を寄せ合って励まし、助け合ってる様子でした。

 言葉で『頑張ろう!』というのはとても簡単です。
 そんな言葉だけではダメなんだ!というのが私の心境でした。 
 
 帰り道、すごくきれいな夕日!
 いつか、落ち着いて被害地の人達も夕日を眺める時間が出来たらいいなあ〜
 と、本当に祈る思いです。
d0157596_16241577.jpg

 
[PR]
by gris7noir | 2011-04-07 16:37